Chapter2-コードって何?を音源付で解説

ハロー★では、始める!/)`;ω;´)

このchapter2では、
左手のベース音をコード(和音)で弾いてみて、
どう印象が変わるか?という事を感じて欲しいと思います。 

はて?コードとは何か?という事ですが和音の事です。
え?和音って何?と思いますよね?解説していきましょう!
ここ、めっちゃ大切です。

①コードを弾いてみよう

まずは体感してもらいましょう☆
題材はchapter1のLesson2で使用したパターンを使います。
前回音源

では、Lesson1!

左手のベース音だけだった弾き方を、三つの音を重ねて弾いてみましょう。
(右手)ドレミファミレド ミファソラソファミ ドド   ドド  ドレミファミレド
(左手)ドミソ       ラドミ       ファラド  ソシレ  ドミソ ドミソ

鍵盤で弾くと分かりますが、ベース音から一つずつ飛ばした弾いてますよね。
ex. レ  ファ  → ドミソ(コレ!)
これをコード(和音)と言います!
難しい事はいいので、まず覚えちゃいましょう。

コード表

②コードの解説

今回弾いたのは・・・
ドミソ・・・C(シー)といいます。
ラドミ・・・Am(エーマイナー)といいます。
ファラド・・・F(エフ)といいます。
ソシレ・・・ G(ジー)といいます。

つまり先ほど弾いた曲は下記の様に表せます。
(弾いている内容は同じです)
(右手)ドレミファミレド ミファソラソファミ ドド   ドド  ドレミファミレド
(左手)C        Am        F     G   C       C

今は、「へー。そうなんだ。」で問題ありません。
コードとかアルファベットが出ると難しくみえますが、
要は三和音の表し方です。

またベース音(一音)で弾いた時よりも、より曲っぽくなりましたよね?まずはそこを理解できればいいです!
なお、コードを理解すれば楽曲制作の7割を理解したと言えるでしょう!

あとがき

メロディーの作り方を早く教えろよ!と思われているかもしれませんが、、
まずはコード進行という楽曲の土台を理解しないと、後で必ずつまずきます。

もちろん理論ばかりが先行して、自分自身で良いと思えなければ理論なんて必要ありませんが、
感覚(センス?)+理論で、より楽曲制作の幅を広げていける事間違いなしです。

誰かの曲を耳コピして弾いて、これは何のキー?と分からなければ、
それは理解していない証拠です。

今はそもそも質問の意味が分からないと思いますが、難しくないのでご安心ください。
後でゆっくりやりましょう☆でーじょーぶです。

ちなみに理論が分かると、こういうのも3分で作れます。(また遊んじゃった(/ω\))

今回はここまで!

次回は、コードをより深く理解していきましょう!
chapter2終了!!/)`;ω;´)
お疲れ様でした☆

スポンサーリンク
スポンサードリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク